加工技術・素材・製品名から見る加工事例

ハーフエッチング加工

ハーフエッチング

エッチング加工は両面から薬液で溶かして貫通させる加工技術ですが、ハーフエッチング加工は片面のみをエッチング加工し、段加工(深度)、ポケット形状にする事が出来ます。基本は板厚の60%~70%の深さになりますが、必要に応じて深さの調整も可能です。ポケットを「深くしたい・浅くしたい」といったご要望にお応えします。

またハーフエッチングにて段差を形成したり、ロゴや、刻印として使用頂く事が出来ます。

 

平井精密工業のエッチング加工では、SUS(ステンレス)、Cu(銅)、AL(アルミ)、Fe(鉄)、Ni合金(コバール、42アロイ、アンバー)また珪素鋼板、Ag(銀)、Ti(チタン)、MO(モリブデン)、W(タングステン)、アモルファス、パーマロイ等の特殊材も対応可能です。

 

 

 

仕様詳細