加工技術・素材・製品名から見る加工事例

長尺シム

エッチング加工 ファイバーレーザー加工   長尺シム

【長尺シムとは】
シムには、隙間を埋める用途と隙間を作る用途がありますが、長尺シムは隙間を作る用途で利用される事が多いです。シムの長さは様々ですが、1000㎜以上の長尺サイズであっても平井精密工業では加工を対応する事が可能です。各用途に応じた製造装置の中に組み込まれて使用される事が有ります。 

【長尺シム-平井精密工業】
平井精密工業では、自由自在な形状の長尺シムを製作する事が出来ます。コの字、山の字だけでなく、櫛(くし)形状も対応が可能です。主にエッチング加工、ファイバーレーザー加工の2通りでご提案をさせて頂く事が出来ます。エッチング加工は初回にフィルムの原版を作成致しイニシャル費用が発生致しますが、2回目以降は加工費のみとなります。リピートでのご発注が無く、数量1枚などの少量の時は、ファイバーレーザーでのご提案をさせて頂く事も有ります。エッチング加工では、原版の初期費用が必要な為に、ファイバーレーザー加工で対応するよりもトータルコストが高くになる可能性がある為、ご要望のご使用量によって最適な加工方法のご提案をさせて頂きます。

エッチング加工での品質的なメリットは、厚み方向のバリが発生しない事が挙げられます。厚み方向のバリ要因での厚みのバラツキに影響がない点、またバリによる塗工機自体への傷付けを予防が出来ます。

ファイバーレーザー加工では、加工後に整面加工にてバリ取りの処理を行います。その為、エッチング加工時と同様に厚み方向によるバリの懸念がほとんど有りません。

平井精密工業は、保有している材料在庫、材料の板厚バリエーションが豊富です。常に1000種類以上の材料を保有しております。例えば、SUS304ですと、t0.005~t0.1までの厚みにて、5μm刻みで材料を保有しております。またt0.1以上の厚みも含めて、材料自体の厚みバラツキが少ない事が特徴として挙げられます、各用途に応じた製造装置の中には、シムの厚みで何かを通す為の調整が必要な事が有り、素材厚みのバラツキが重要視されます。仕上がった素材自体の厚みバラツキの少なさが、平井精密工業のメリットとしてお客先へご評価を頂けております。

またエッチング加工、ファイバーレーザー加工のそれぞれ単独での加工だけでなく、ハーフエッチング加工で溝を作製し、ファイバーレーザー加工で、外周や穴径、形状を作製する事も可能です。段付き、凹み形状のある長尺シムの作製も平井精密工業の複合加工技術を用いれば対応が可能となります。

仕様詳細