加工技術・素材・製品名から見る加工事例

ヒーター(発熱体)

エッチング加工 ヒーター

【面状ヒーター(発熱体)】
平井精密工業では、加工技術の主軸としておりますエッチング加工で、ヒーター(発熱体)へのパターニングをお手伝いさせて頂いております。様々なヒーターの引き合いを頂く事が有りますが、その中でも平井精密工業が、よくお手伝いさせて頂いているのは、面状ヒーターとなります。
面状ヒーターは、そのフレキシブル性・形状のカスタマイズ性から、様々な場所で使用されています。被覆材によっては自由に折り曲げる事も出来、曲面への設置も可能となります。また薄い発熱体を任意の形状にパターニングする事で、早いレスポンスでの加熱・冷却、温度コントロールする事も出来ます。

【平井精密工業がヒーターへのエッチング加工で出来る事】
多種多様な場面で使用される面状ヒーターですが、多くの場合は金属箔を発熱体として使用されております。この金属箔へのパターニング(エッチング)を、平井精密工業ではお手伝いさせて頂いております。
発熱体の材質は、SUS(ステンレス)・ニクロム・Cu(銅)、等の実績が有ります。その他の材質につきましてもエッチング加工が、可能ですのでご相談下さい。
面状ヒーターは被覆材の種類で様々な特性を引き出す事が出来ますが、被覆材としてPI(ポリイミド)を選定される事も有ります。そういったヒーターに使用される、PI付きご支給材料へのパタニング実績多く対応しております。また、パターニングした発熱体(ヒーターエレメント)にPETフィルムの支持体に貼り付け、そのまま納入する事も可能です。仕様につきましては、お気軽にご相談頂けますよう宜しくお願い致します。

数量に関しましては、少量試作から量産まで幅広く、対応をさせて頂いております。最小試作数量は1シートから、また最大サイズは800㎜×1250㎜程度までの実績が有ります。金属材料サイズに限りがある場合が有りますが、ご希望サイズをご要望下さい。

SUS(ステンレス)、Cu(銅)等の金属材料は、材質・厚みバリエーションも含めて多くの在庫を保有しております。ご発注後すぐに作製に取り掛かる事も可能ですので、短納期での試作依頼もお待ちしております。

平井精密工業のエッチング加工では、SUS(ステンレス)Cu(銅)、Fe(鉄)、A(アルミ)、Ni合金(コバール、42アロイ、アンバー)、また珪素鋼板、Ag(銀)、Ti(チタン)やMO(モリブデン)、W(タングステン)、アモルファス、パーマロイ等の特殊材も対応可能です。

詳細は下記の「エッチング加工」をクリックして下さい。

 ↓ 

エッチング加工