加工技術・素材・製品名から見る加工事例

エッチング加工の選び方

エッチング加工 メリット 選び方

平井精密工業のエッチング加工に対して、一体どういったメリットを感じて頂き、お客様よりご依頼を頂けているかの紹介させて頂きます。

■加工したい金属の板厚が薄い
平井精密工業のエッチング加工は、薄い金属板では0.005㎜の板厚から、厚い金属板で2㎜程度までの板厚を加工を対応させて頂いております。板厚が0.1㎜より薄くなると、加工時に変形や歪みが発生する事からレーザー加工やワイヤー加工などの機械加工にて対応する事が難しくなります。しかし、エッチング加工の場合は、熱や力をかけない化学的な加工技術となる為、変形や歪みの発生が無い状態でお届けする事が可能です。

板厚が薄いシムについて下記をクリックして下さい。
↓↓

ステンレス(SUS)シム t0.005㎜、t0.01㎜ エッチング加工

■厚み方向(Z方向)バリを発生させたくない時
エッチング加工は金属板のオモテ面、ウラ面より薬液で溶かして形状を製造致します。化学的な加工を行う為、厚み方向のバリが発生致しません。

複雑微細な形状を製造したい時
 
仕上げたいデザインの形状をフィルムもしくはガラス原版に描画して、その版を使用してエッチング加工を行います。エッチング加工のスペック内であればオリジナルデザインの微細形状の加工を行う事も容易に対応出来ます。エッチング加工は、複雑形状になればなるほど、他の金属加工と比べて、納期メリット、コストメリットを出す事が出来ます。フィルターやストレーナーなどの多孔板は、加工実績が多く有ります。

メッシュ(フィルター)について下記をクリックして下さい。
↓↓

オリジナル仕様のエッチングメッシュ(フィルター)

 

■微細部品を量産生産したい時
レーザー加工、切削加工などの機械加工では、ご依頼の数がどれだけ増えても、一個ずつ加工する事となり、量産品については工数が非常に掛かる事から、納期、コストでのメリットが出せません。平井精密工業のエッチング加工は、金属板のシート内に必要な製品を配列(レイアウト)させて一度に加工を実施致します。特に製品が小さい場合は、金属板のシート内の配列出来る数が増える事により、量産生産する際のメリットを出す事が出来ます。もちろん量産生産だけではでなく、少量品からの対応も可能です。

微細形状については下記をクリックして下さい。
↓↓

微細なエッチング加工で、金属異物(コンタミ)を任意形状で再現する事が出来ます!

■試作品を早く安く調達したい時
平井精密工業のエッチング加工は、プレス加工と比較すると大幅に納期を短縮して試作品をお届けする事が出来ます。プレス加工は、加工金型を作成するのに数ヶ月の納期や数百万円の費用が掛かる事が有ります。最終的にプレスでの量産を控えていたとしても、形状確認の試作としてエッチング加工をご使用頂く事が出来ます。エッチングの初期費用は原版作成費が必要となりますが、プレス加工の金型に比べて非常に安価での対応が可能です。

「エッチング加工」をクリックして下さい。

↓↓

エッチング加工